ABOUT "IKIZAMA"

~ 祭典「生き様」とは ~

人生 × 授業

過去の経験。そして、経験から感じる人生の本音。そこから描く未来

​聞き手に生まれる熱狂。本気の応援が生み出す共鳴

 

​己の人生を通して、己の口でしか語れない、魂の授業がここにある。

「生き様」は、本気の夢をカタチにするためのプレゼンテーション型リアルクラウドファウンディングの祭典です。
登壇者は、『人生の授業』というテーマをもとに、15分間という時間の中で、過去の経験、現在の本音、そして未来の夢を本気でプレゼンテーションしてもらいます。
参加者はそのプレゼンテーションを聞き、本気で応援したいと思った人にチケット代の20%を投資し、その人の夢を叶えるまでの過程を見てもらいます。

ただ夢を語るだけでなく、その人の経験から様々な学びを体感してもらう場でもあります。

エントリーからプレゼンテーションバトルを行い、決勝まで進出した人の生き様をとくとご覧ください。

RULE

【発表時間】
  15分以内(超えると強制終了)


【発表内容】 
評価基準である「経験」「本音」「未来」「熱狂」「共鳴」
を基にプレゼンテーションすること。
 

【発表人数】
  1人に限る

 

【発表方法】

  • スクリーンを使用してのプレゼンテーション

  • 観客に対する要請・依頼はできない(目を閉じてくださいなど) 

  • 観客に対するお願いをしない(価値を伝え、共感をしていただく) 

  • 観客への配布物などは不可

  • 最後は感謝の言葉で締める

【採点方法】

  • 6人の登壇者の発表を1人ずつ聞き、1人発表が終わるごとに採点フォームにて会場の参加者に「経験」「本音」「未来」「熱狂」「共鳴」の5つのジャンルで10段階で採点していただきます。

  • 全ての登壇者の発表が終わった段階でチケットの20%(1000円)分を登壇者にどんな割合で投資するか別のフォームにて投票する。

  • 本部で集計し参加者の投資金額がそのまま登壇者に割り当てられる。

SPEAKERS

2020年「生き様」は、約30名の登壇エントリーから2ヶ月間におよぶ研修の末に、決勝枠を競い合うためのプレゼンテーション オーディションを行い、最終的に6名の登壇者を決定いたしました。

​そこから更に2ヶ月半におよぶ練習を行い、プレゼンテーションを磨き上げてきました。

決勝登壇者

生き様2020_梅田智也.jpeg

1986年7月11日 生まれ

メンタルコーチ

梅田智也
  • ホワイトRSSアイコン

この言葉は、大好きなおばあちゃんの言葉です。

大きな失敗から全てを失った中、おばあちゃんのたった一言が生きる力を与え、立ち上がるきっかけを作ってくれました。

 

その経験から「掴んだもの」を皆さんと分かち合います。

『失敗はマイナスじゃない!全ての経験が宝となる』

生き様2020_早山桂孝.jpeg

1984年3月10日 生まれ

ライフプランナー

早山佳孝
  • ホワイトRSSアイコン

個性は、人と違うからこそ価値がある。

その個性を、大切に生きてほしい。

自分を大切にして来なかったあなたへ

僕からのメッセージが届きますように…

『人と違うことを怖がらないで』

生き様2020_梅村健太.jpeg

1994年12月10日 生まれ

​会社員 (スポーツメーカー)

梅村健太
  • ホワイトRSSアイコン

ある失敗から自分を閉ざし、思いを伝えられなくなった。

僕の世界は色を失った。

 

しかし、友と1枚の写真との出会いで僕は自分を表現することを始めました。

そこで見た景色はとても色鮮やかな世界だった。

一度きりの人生、自分を表現しなきゃもったいない!

『人生を豊かにする自己表現』

生き様2020_鷲野結花.jpeg

1992年2月13日 生まれ

作業療法士

鷲野結花
  • ホワイトRSSアイコン

目の前で見てきたたくさんの後悔の形。

どうやったら人は後悔なく生きられるのか?

1回だけの人生をみんなが後悔なく生きるにはお母さんの力が必要でした。

『後悔しないと決断しよう』

1998年7月31日 生まれ

学生

田中優汰
  • ホワイトRSSアイコン

人の目を気にして、自分に嘘をついて周りにいい顔をしてきた自分が嫌いだった。

自分の存在意義って何だろう。

そんな自分を変えたいという『意志』がきっかけで自分が徐々に好きになれた。

大学生が経験した『自分らしく生きる』ためのヒントとは。

そして、そこから描く未来。

『意志あるところに道は拓ける』

生き様2020_今井優希.jpeg

1995年1月16日 生まれ

管理栄養士

今井優希
  • ホワイトRSSアイコン

みんながやってるからやる、周りがこっちだからこっちをする。

そんなのは本当に幸せなのだろうか?

自由で体力もあって、パワフルなときをただ単に仕事と家の往復だけで過ごしているの人にもう一度見つめ直して欲しい。

それが本当に小さい時に憧れてた姿なのか。

私の経験、今の姿を通して少しでも誰かが変わるきっかけを作りたいし、一緒に変わっていきたい。そう思います。

『自分らしい生き方を共に』

エントリー者

※ 名前をクリックすると、別タブでWebページを開きます。

中楯 黎
前 哲郎
田代 圭史郎
田中 祐輝
山田 竜成
中沢 惇平
渡邉 寛子

HASHTAG TIMELINE

ハッシュタグ「#祭典生き様 #ikizama2020」をつけて、
Instagram や Twitter で、当日に感じたことを投稿しよう。


きっと、共感できるたくさんの仲間が見つけられる。

グリッド

SCHEDULE

イベント スケジュール

日時:2020年11月23日 14:00〜20:00

場所:汐留

アクセス:JR「新橋」駅 徒歩3分

観覧チケット:5,400円(税込)